• 2017.05.06

数々の女性会員が惚れた男性のモテるテクニック

倶楽部でモテる男性のテクニックを一挙公開!

交際倶楽部に入会する男性には2極化が存在しています。

上手く女性会員とスムーズに交際している男性と上手く交際までに至らない男性です。

この両者には一体どのような違いがあるのか!?

今回は、倶楽部で出会う女性を虜にしてしまうそんな魔法のテクニックを初公開致します。

 

服装は綺麗目なジャケット羽織るスタイルが好まれる

人は初対面で会った印象でその人の人間像を作り上げます。

よって、初対面の印象がとても大事になるのです。

交際クラブに登録中の女性にアンケートを取った結果、まずお相手の男性の服装をチェックする方が多いという声が多く聞こえました。

お洒落で綺麗目なスタイルの男性は、それだけで紳士でエスコートに長けた大人の男性というイメージを持ちます。

このイメージさえ持たせれば、まず第1段階はクリアでしょう。

 

デート時の気遣いと空気作り

女性は初デートでお相手の男性と2回目会うべき人かチェックしています。

この時に、女性がお相手の男性と2回目に会いたいと思える人の特徴として、女性への気遣いや居心地の良さが評価ポイントとなります。

まず、終電をちゃんと気にして上げるなどの女性に対して思い遣りを持って接する事が大切になります。

また、居心地の良さに対しては主に会話がメインとなってきます。

やはり、女性はまだ貴方の事をあまり良く知らないので何を話せば良いのか分からないと思います。

また、初デートという事もあり緊張しているでしょう。

そこは、男性の貴方が何か話題を振ってあげて会話のキャッチボールを楽しむ事が大切でしょう。

そして、会話が弾み女性は貴方に対して安堵感を抱きます。

一旦女性が貴方に安堵感を抱くと、今度は女性の方から貴方に話しを沢山してくれます。

女性が話している時は、適度に相槌を入れつつ、聞いてあげれば貴方と一緒にいると居心地が良いと感じてくれるはずです。

 

女性を本格的なデートに誘う

女性が貴方に対して、心を開いたと思ったタイミングでデートに誘ってあげましょう。

場所は、水族館や遊園地、綺麗な景色が見える展望台でも何処でも良いのです。

貴方が本当に行きたいと思えるスポットを提案しましょう!

この時は、さりげなくあくまでも誘って下さい。

がっついた男性は余裕が無いと思われ、上がっていた好感度も下がってしまいます。

まず、貴方に対して良い印象を抱いていればOKを出してくれるはずです。

 

デート時の立ち振る舞い

デート当日は、女性より早く着き待っていてあげる事が大切です。

そして、デートの時は兎に角子供に戻ったかのように素直に楽しむ事が大切です。

女性会員からのアンケートで最も多かったのは、大人の紳士な男性がアトラクションなどで無邪気にはしゃぐ姿にギャップを感じるといった意見が目立ちました。

女性が貴方に対してどんどん好感度が上がっていく際に、貴方が女性を引っ張ってあげる事で貴方を頼もしい男性と思ってくれるでしょう。

次はここに行こうとかそういう提案をしてあげるだけで大丈夫です。

この日は別れ際に次のデートの予定を決めておく事をお勧めします。

貴方から日程と時間を提示して、女性が良い反応であれば主導権も貴方が握りつつあります。

 

3回目のデート

この日で交際するのがベストです。

お洒落なお店でディナーをして、お酒も適度に入れたタイミングで告白しましょう。

この時に、お店と協力してサプライズするかは任せます。

最悪断られた場合は、美味しいお食事もお酒も全て台無しです。笑

あくまでも付き合う確信がある時にしましょう。

この時のセリフは貴方の今の状況などを考慮して自分の本音で伝えて下さい。

きっと、女性も3回もデートをしている貴方と今後の交際を意識しているはずです。

まとめ

上記のような形で女性とスマートな交際をした男性会員はほとんどが成功しています。今回は、このように今まで成功してきた男性会員から頂いた貴重な意見を記事にしてみました。

是非こちらを参考に今後の交際ライフに活かして下さい。

男性会員様からの女性との交際成功エピソードがあれば、お問い合わせより募集しておりますので宜しくお願いします。

※当サイト提携の交際クラブ男性会員1000人の投票+皆様の投票で決まる最新版全国交際クラブ総合ランキングはこちら↓

全国交際クラブ総合ランキング

 


関連記事


東京の交際クラブランキング

  1. No.1ユニバース俱楽部

    ユニバース倶楽部

  2. No.2銀座ハートクラブ

    銀座ハートクラブ

  3. No.3六本木ヴェルサイユ

    六本木ヴェルサイユ


おすすめ記事