愛人クラブと愛人マッチングサービスとは!?

愛人クラブや愛人マッチングサービスとは!?

愛人クラブや愛人マッチングサービスとは?

さて、今回の本題ですが愛人クラブや愛人マッチングサービスとはなんでしょうか?

愛人が沢山いる倶楽部や愛人との出会いを提供するサービスのことなのでしょうか?

良く雑誌やメディアでも交際クラブの事を愛人クラブとか愛人バンク、愛人マッチングサービスなどと言われています。

今回は、その疑問にお答えします!

 

交際クラブとは似て非なるものです

ちょっと前に、NHKの女子アナウンサーの山崎友里江さんが某クラブに登録して騒がれました。

その際に愛人クラブ、愛人バンク、愛人マッチングサービスに登録していたと報道されています。

実際は、愛人クラブや愛人マッチングサービスとはただ割り切りのみ出来る女性を紹介するサービスです。

つまり、風俗と変わりません。

しかし、交際クラブは割り切りの女性も登録していれば、純粋に婚活として登録している方もいますので愛人クラブや愛人マッチングサービスとは大きく異なります。

では、何故メディアや雑誌では愛人クラブや愛人バンク、愛人マッチングサービスと呼ぶのでしょうか・・・・?

それには、深い理由が存在しているのです・・・・。

 

愛人クラブや愛人バンクの起源

この名前は、80年代に当時20代の女性が男女仲介を目的としたビジネスを始めたことからきているのです。

当時のビジネスは今の交際クラブと違って愛人のみを紹介するものでした。

当時愛人という言葉が流行ったためか、すぐさま人気のビジネスとなり会員が5,000人以上にも達しました。

このビジネスは男性が料金を払って愛人を仲介してもらうものですが、紹介してもらう女性も数万円を払うというシステムでした。

しかし、時代の流れにより警察の取り締まりが強化した事で多くの愛人バンクが摘発されていったのです。

その愛人バンクを現代で名乗るのも印象が良くないので、交際クラブと名乗り、パパ活を目的とした女性や婚活を目的とした女性を募集することで健全に運営されています。

今の記者やメディアの権限がある人達はその80年代を真っ盛りに生活してきた方々なので、その名残りのもと愛人バンクという呼び方をしています。

それは、雑誌やメディアを見る方にとっても1番イメージが湧きやすい言葉が愛人バンクや愛人クラブ、愛人マッチングサービスなのです。

恐らく新しく造語として作られた交際クラブと言っても分かる人の方が残念ながら少ないでしょう・・・。

 

纏めとして

つまり、結論として現在の交際クラブは愛人といった一つのカテゴリーの中だけに留まらず、様々な目的を持った多くの女性が登録している出会いを目的とした場所なのです!

決して愛人クラブや愛人バンクのような愛人のみを仲介するサービスとは一線を画しています。

※当サイト提携の交際クラブ男性会員1000人の投票+皆様の投票で決まる最新版全国交際クラブ総合ランキングはこちら↓

全国交際クラブ総合ランキング


関連記事


東京の交際クラブランキング

  1. No.1ユニバース俱楽部

    ユニバース倶楽部

  2. No.2銀座ハートクラブ

    銀座ハートクラブ

  3. No.3六本木ヴェルサイユ

    六本木ヴェルサイユ


おすすめ記事